原作・牧場の少女カトリの部屋

(講談社版世界名作全集より)

 

「牧場の少女カトリ」を見て、主人公カトリがすっかり気に入りました。最初、彼女を実在の人物だと思っていましたので、原作を読みたかったことはもちろん、彼女の一生、特にアニメで描かれたのちのことを調べていました。しかし、北欧の文学史関係の本を調べてもカトリ・ウコンネミという作家は見当たりませんでした。
その後、カトリが実在しないと知り、さらに、原作本を読んで、アニメとのキャップに愕然としました。原作でも、カトリは辛抱強い働き者の少女として描かれていて、その点はアニメのカトリにも当てはまりますが、原作には少女らしいかわいさはあまり感じられませんでした。また、カトリの周りの人々のイメージが悪く(とくにクーセラ屋敷)、それがギャップを広げています。
しかし、アニメのカトリの原点であり、フィンランドの農村の様子を知るための資料でもありますので、機会があれば読んでみるのもいいでしょう。

「牧場の少女」の原作である「Paimen, piika ja emäntä」は3部作からなり、「牧場の少女」は、1936年、出版された少女編です。

キャラクター紹介

 

ストーリー紹介

ライコラ屋敷編    クセラ屋敷編・その1    クセラ屋敷編・その2

 クセラ屋敷編・その3   ユントラ屋敷編・その1   ユントラ屋敷編・その2

 

原作者 アウニ・ヌオリワーラ[Auni Nuolivaara](大日本雄弁会講談社・世界名作全集(46)「牧場の少女」より)
1883年、フィンランドのコルピラテに生まれる。少女時代から音楽、美術、詩を趣味とし、スウェーデン、スイス、イタリアに留学し、音楽や文学の勉強をする。帰国後、タンペレで、音楽とフランス語の教師をする。
1927年、結婚、小説の創作を始める。
1936年、「Paimen, piika ja emäntä」(牧場の少女)を発表。
1937年、同続編「Isäntä ja emäntä」を発表
1972年、死去。

 

表紙 挿絵 出版社、訳者、初版年月日など
大日本雄弁会講談社、森本ヤス子訳、絵・古賀亜十夫、昭和27年11月25日初版
初の邦訳本。出版された邦訳本の中では、一番文章が長い。
小学四年生第32巻第6号9月号別冊付録、小学館、昭和28年9月1日発行
文・槇本ナナ子、絵・大塚正、
表紙欄の右側はカバーのイラスト。
女学生の友・昭和28年10月号、小学館
文・近藤健、絵・堀文子
4ページにわたって紹介(ライコラ屋敷、母との再会まで)。
「少女クラブ」お正月増刊   昭和29年1月発行、講談社
特別読語 牧場の少女(森本やす子 ; 絵:沢田重隆) 収録。
日本書房・学級文庫、文・大宮杉、絵・芝美千世、昭和31年4月発行
日本書房・学級文庫、文・荻野洋子、絵・芝美千世、昭和42年4月発行
昭和31年4月発行のものと同じ内容。
日本書房・小学文庫、文・萩野洋子(荻野を萩野に訂正?)、絵・芝美千世、昭和58年12月初版
昭和31年4月発行のものと同じ内容。
集英社、マーガレット文庫28、森本ヤス子訳、昭和51年初版。
ライコラ屋敷編とクーセラ屋敷編までで終わっていって、ユントラ屋敷編は収録されていない。
いのちのことば社、森本ヤス子訳、絵・陽川芳枝、昭和59年初版。
  いのちのことば社、森本ヤス子訳、平成13年新装発行。内容は、昭和59年初版と同じ。
講談社昭和30年5月号「なかよし」付録、谷川一彦。

唯一の漫画化。ストーリーは、大筋で、原作と同じです。
しかし、ライコラ屋敷編では、カトリがテンペラ屋敷を訪ねたとき、テンペラ屋敷の奥さんになって、赤ちゃんをあやしている母の姿を見ただけで、母や妹に会わずに帰ってきたことになっていて、原作とは違っていました。この部分は、原作では重要な部分だと思うので、この描き方は不満でした。また、グニラおばあさんのことや牛と熊の闘いの話もカットされていた。
クーセラ屋敷やユントラ屋敷の話は、ほぼ原作のとおりに描いていると思います。
「なかよし付録・牧場の少女」は、「牧場の少女」唯一の漫画化としてずっと大きな関心がありましたが、ストーリーも絵も原作のイメージを損なうことなく描かれていたので、よかったです。

「なかよし付録」のカトリの服装が、昭和27年発行の「講談社版世界名作全集」(森本ヤス子訳)の挿絵のカトリの服装と似ています。「なかよし付録」は、おそらく「講談社版世界名作全集」を参考にしていると思われます。
ドイツ語版。タイトルは、Kleine standhafte Katri。 

 

牧場の少女カトリのお屋敷へ

趣味の原作の部屋へ

虹の牧場へ