少女パレアナ

 

「よろこびの遊びをすれば(つらいことがあってもいいことを探せば)幸せになれる」〜とにかくわかりやすいストーリー。パレアナという一少女の単純な発想がつまらない意地を張って幸せを逃している大人達に希望を与え、生きがいを持った人間に変えて行く。登場人物も性格がはっきりしていてわかりやすい。だから、おもしろい。一気に読める作品です。

 

原作者 エレナ・ホグマン・ポーター(写真:講談社・世界名作全集(156)「少女パレアナ」より)
1868年、アメリカ合衆国ニュー・ハンプシャー州のリトルトンに生まれる。高等学校卒業後、ボストンのニューイングランド音楽院へ。
1893年、ジョン・ライマン・ポーターと結婚。
1907年、「金髪のマーガレット」発表。
1913年、「少女パレアナ」発表。
1915年、同続編「パレアナの青春」発表
1920年、「スウ姉さん」発表、死去。

 

表紙 挿絵 出版社、訳者、初版年月日など
「くり毛のパレアナ」、講談社、村岡花子訳、昭和38年2月10日初版
  「パレアナ 喜びの本」(上)、中央公論社、村岡花子訳、昭和27年10月15日発行。
内容は、「パレアナの青春」
「少女パレアナ」、小学館、村岡みどり訳、昭和59年4月1日初版
「少女ポリアンア」、偕成社、菊島伊久栄訳、昭和61年5月初版。
「少女パレアナ」、若木書房、嶌峰利子画、昭和55年6月20日第2刷発行(漫画本)

 

趣味の原作の部屋へ

Noriの部屋へ